岡山県和気町のドローン実証実験が総務省の2019年度のIoT事業の委託先として選定される

総務省は、2019年6月21日に、岡山県和気町で計画されている「中山間地域における大型ドローンの目視外・補助者なしによる安心・安全かつ効率化されたIoTシステム構築実証」を、「令和元年度予算 IoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築」に係る委託先候補の1つとして選定したことを、HPで発表しています。

2019年6月22日の山陽新聞が報じています。

提案書によれば、事業概要は以下のとおり(抜粋)。

  • 慢性的な労働力不足に陥ることが確実な少子高齢化社会において、特にその影響が大きい中山間地域の次世代ユニバーサルサービスや一次産業を支える省人化インフラとして、長時間・長距離飛行、大容量運搬を可能とする大型ドローンが有望である。
  • 大型ドローンに最新のIoTシステムを活用したり、複数無線システムを組み合わせ、「常時映像伝送」や「顔認証クラウド決済」機能を実現する。
  • これにより、目視外・補助者なし運用の大型ドローンに特殊カメラを搭載し、点群データやNDVI(葉色)データ等を収集・解析し、「水稲生育診断」「害獣パトロール」「過疎地買い物支援」等、多用途・多事業者でシェアリングして活用するサービスの成立性を実
    証する。

ガイドラインによれば、3000万円を上限に経費が補助されるとのこと。

岡山県和気町は、2018年に国交省・環境庁の補助を受けて実証実験を実施しており、これを継続・発展させる実証実験と言えそうです。

山陽新聞によれば、和気町は、総務省の事業とは別に、独自の配送事業も行うとのこと。

(2019.7.1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です