ドローンの目視外飛行と第三者上空飛行①~商事法務ポータル

商事法務ポータルに、「無人航空機(ドローン)の目視外飛行と第三者上空飛行に関する法規制と論点」を寄稿し、本日(10/16)から10/19の4回に亘って連載させて頂くことになりました。同ポータルに登録頂ければフリーでお読み頂けます。

本日第1回では、2018年9月14日に発表された審査要領の改正が、ドローンの商業利用にとって実務上重要な意義を有することを紹介した上で、目視外飛行に関する審査要領改正前の規制内容について、航空法の条文や審査要領の記載に沿って説明を加えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です