無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領の改正(2021.3.30)

先日パブコメに付されていた審査要領が、2021年3月30日に改正されています。国交省のHPにて公表されています。

以下の飛行については、必要な安全対策を講じる場合には、補助者の配置が不要であることが明確化されており、商業利用に配慮された形になっています。

・一時的に地表から150mを超える山間部の谷間における目視外飛行
・高構造物の点検のために飛行するものであって高構造物周辺に限定するなどした目視外飛行
・立入管理区画の設定等を行い高度1m以下からの物件投下を伴う飛行

(2021.4.15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です