ドローンロードマップ2020年版が公表される

2020年7月17日に、小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会(官民協議会)により、ドローンロードマップが改訂され、2020年版として公表されています。

官民協議会のHPで見ることができます。

正式名称は、「空の産業革命に向けたロードマップ2020~我が国の社会的課題の解決に貢献するドローンの実現~」です。

2019年版と比較すると、相応に整理され、具体化されている印象がありますが、大きな相違として以下のような点が挙げられます。

  • 総論の大項目が「環境整備・技術開発・利活用」から「環境整備・技術開発・社会実装」に変更
  • 総論の3つの大項目毎に、to doとしての課題が特定・明確化されている。例えば、「技術開発」においては、「運行管理システム」「リモートID」「衝突回避等技術」「機体性能評価」「国際標準(ISO等)化」という形で整理され、それぞれの工程表が示されている。
  • 各論として「医療」の項目が追加されている。

ロードマップ2020年版の公表に先立ち、2020年7月9日に第14回官民協議会が開催され、各官庁等(国交省・総務省・経産省等)の今後の取組みについての報告がなされています。

これらは改めて整理しようと思います。

(2020.7.29)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です