ニューヨークの上空にてコロナ感染警告を発するドローンが飛行した件

2020年4月18日付のNew York Postによれば、ニューヨークのイーストリバーの遊歩道上空にて、「こちらはCOVID-19 volunteer drone task force、歩行者間の間隔を6フィート以上空けるように」といったコロナウイルス感染の警告の音声を発するドローンが飛行していた件が報じられています。

NYCの上空はドローン飛行禁止エリアであり、FAAが調査しているとのことです。

なお、FAAのHPには、COVID-19との関係では、今日現在、以下のような記載があります。

Expanded Drone Operations
The FAA has received inquiries about expanded drone operations to respond to COVID-19. We are addressing the inquiries using our existing Part 135 on-demand certification process. Follow us on Twitter @FAADroneZone and Facebook @FAADroneZone for the latest drone news.

 

The FAA is aware that some Part 107 Remote Pilots are unable to complete the recurrent knowledge test due to testing center closures related to COVID-19 response. The FAA is aggressively working towards a solution for these airmen. Continue to check our website and follow us on social media for updates.

(2020.4.25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です