スマート保安官民協議会の設置

2020年6月29日に、電力・高圧ガス分野の保安検査の規制・制度の緩和・合理化の検討を目的とする、スマート保安官民協議会が設置され、第1回の会合が開催されています。経産省のHPに関連資料がアップされており、同日付で、「スマート保安推進のための基本方針」が公表されています。

アクションプランの策定・推進等を骨子としており、まだ抽象的な内容の印象ですが、2020年6月28日付日経新聞は、電力・ガス関連プラントの目視点検に代わるドローンによる代替、発電所の遠隔監視による監視要員に関する規制の緩和等が検討される予定と報じています。

(2020.7.19)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です