HAPSモバイルの「空飛ぶ通信基地局」のテストフライトの進捗

成層圏における「空飛ぶ通信基地局」の事業に取り組んでいるソフトバンクの子会社であるHAPSモバイル株式会社(以前の記事)は、2020年7月23日に、開発を進めている無⼈航空機の基本的な⾶⾏試験を全て完了し、今後は成層圏空域でのテスト⾶⾏に向けた準備を進めると自社のHPで発表しています。

テストフライトの場所をハワイからニューメキシコ州に移しており、成層圏空域でのテストも同州で行う計画とのことです。

(2020.8.22)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です