HAPSモバイルがハワイ成層圏空域におけるドローン飛行の許可をFAAから取得

成層圏における「空飛ぶ通信基地局」の事業に取り組んでいるソフトバンクの子会社であるHAPSモバイル株式会社(以前の記事参照)が、ハワイのラナイ島の成層圏空域における無人航空機飛行許可証(Certificate of Authorization)を、アメリカ航空局(Federal Aviation Administration)から取得したとのことです。

同社のHP上で2019年8月8日に公表されています。

アラスカ大学、ハワイ大学との共同プロジェクトで、FAAに対する申請はアラスカ大学が代表して行ったとのこと。

2019年4月に完成したソーラーパネルを搭載した成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「HAWK30」の試験飛行を2019年中に行う計画とのこと。

試験飛行に先立ち、島内当局との調整、各種法令・規制の配慮、安全検証、地域住民への説明会を行うようです。

(2019.8.21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です