ガーナにおいてコロナウイルス検査のためのドローン利用

ガーナでは米のドローンベンチャー企業であるZiplineによって輸血用の血液のドローン配送が実現していますが、コロナウイルスの検査でもドローンが利用されるようです。各地の1000以上の検査機関等で収集された検体が、Ziplineのドローンによって、首都のAccraや第二の都市であるKumasiのラボに配送されるようです。

2020年4月1日にテストフライトが行われ、今後実施予定とのこと。

2020年4月23日のReutersが報じています。

(2020.4.29)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です