茨城県猿島郡境町の利根川大花火大会とドローン

2019年7月13日に、茨城県猿島郡境町の利根川河川敷で行われた花火大会(利根川大花火大会)に足を運んできました。

充実したプログラムで、雨に降られましたが、中断することなく、楽しめました。

気になったのが、ドローンが悪目立ちしていたことです。主催者公認の機体の他、無許可のDJI Phantomが常時数機、花火上空周辺を飛来していました。

打ち上げの邪魔になるため、無許可で飛ばしている人は直ちにやめてほしいとのアナウンスが流れるのですが、飛行はやむことなく、注意が繰り返され、興が削がれます。

毎年の恒例行事のようで、改まらないようです。

ドローンからの花火映像はSNSの格好のコンテンツであり、利根川の対岸から飛ばせば取締も難しそうです。航空法上の許可(少なくとも、夜間、催し物上空)のみならず、主催者から許可を取得して飛行を実現するのはハードルが高いですので、跡を絶たないのかなと思います。

(2019.7.20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です