山間部過疎地域・離島・災害孤立地域にAED・医薬品をドローン輸送する実証実験

AED・医療品を、輸送困難な場所にドローン配送する実証実験が、8-9月に幾つか、計画・実施されています。

1.  愛知県の新城市(愛知県のホームページ、2019年8月9日付

山間部過疎地域にある集落で住民が倒れAEDが必要になった想定で、標高差(約340m)のあるルートにおいて、約4kmの距離を、飛行レベル3(無人地域での目視外飛行)想定でAED機材を輸送。

2.  愛知県の南知多町(愛知県のホームページ、2019年8月9日付)

離島で輸血が必要になった想定で、南知多町の港から、洋上において、3.5kmの距離を、飛行レベル3(無人地域での目視外飛行)想定で医療物資を輸送。

3.  和歌山県印南町

2019年8月29日の紀伊民報によれば、9月1日に、ダムの駐車場から、800m下流の保育園を災害孤立地域と想定し、AED、衛生携帯電話、薬品を輸送予定とのこと

(2019.9.15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です